このサイトは、認知症のお年寄りが少人数で共同生活を営むグループホームの特色と介護士の業務内容を紹介していきます。
派遣も社員も同じ仕事をしますが、利用者と生活を共にし専門職の知識と技術を活かし仕事をしていく楽しさがあります。
楽しいことばかりではありません。
認知症の方を対象としているため、介護の難しさや苦労する点も多くあります。
注意する点についても含めながらこの仕事について具体的に説明をしていきます。

派遣も社員もみんな行う!介護士のグループホームでの業務内容

派遣も社員もみんな行う!介護士のグループホームでの業務内容 グループホームは、認知症のお年寄りを対象とする入所施設です。
一軒家のようなアットホームなお家で生活しているイメージです。
特色は、地域の中でその人らしく家庭的な雰囲気で生活することができるようにサービスの提供をしていることです。
介護士の業務内容は基本的に日常生活の支援になります。
具体的には利用者の入浴、排せつ介助、調理や食事の提供、コミュニケーション、起床就寝支援などです。
利用者は調理や掃除などを介護士と一緒に行うこともあります。
介護士は日々の観察を欠かさず認知症へのケアも必要です。
派遣も社員も同じ仕事を行い、利用者がその人らしく生きるのを支えることが楽しさでありやりがいです。
難しいことや苦労する点は認知症の症状への対応です。
専門知識を備えていても人に接することの難しさはあります。
注意する点は、自分でできることは自分でやってもらうという自立を支援する意識をもって接することです。

派遣の介護士がグループホームで求められる業務内容とは

派遣の介護士がグループホームで求められる業務内容とは 世界の中においても総人口の中に占める65歳以上の高齢者の割合が高い数字を占めている日本においては、介護が必要な高齢者を社会的な制度として支える為に平成12年4月に介護保険法が施行されました。
人材の需要が高い業界ながらも慢性的な人員不足問題を抱えている現状があり、派遣介護士の存在は深刻な人手不足を抱えている事業所にとっては貴重な存在でもあるのです。
グループホームは医師に認知症の診断を受けた支援が必要な高齢者が、少人数のユニットの中で介護士のサポートを受けながら日常生活を共同で送る施設であり派遣の業務内容は入所している利用者の日常支援や介護が主な内容になります。
グループホームは運営している事業所によって違いはありますが、認知症状の状況や、身体介護においても重介護からほぼ動作が自立の入居者までさまざまな状態の人が生活しています。
24時間365日体制のシフトを組むために業務になれてくれば夜勤のシフトにも入ることになりますし、排泄や食事介助、入浴や移動介助など日常的な介護は勿論のこと、事業所の性質上入居者とともに食事を作ったり掃除や洗濯など家事全般を行う事もあります。
認知症状がある入居者が生活する場所である為に、認知症対応の専門スキルや知識も求められます。

介護士の派遣関連サイト

介護士の派遣に興味があるなら