グループホームの介護士として働く際の注意点

グループホームの介護士として働く際の注意点 グループホームの最大の特徴として挙げられるのが、認知症の高齢者を受け入れることを専門としていると言う点です。
そのためそこで働く介護士に求められる注意点としては、認知症に対する深い知識や理解、またそれを抱えている人の介護に関する知識や技術が欠かせないと言う点が挙げられます。
認知症を抱えている人の中には、たとえば自分だけのこだわりを持っていたり、環境に大きな不安を抱いていたり、意思疎通がうまくいかない故に苛立ちやストレスを抱えている人も少なくありません。
介護士はそうしたひとりひとりの背景をしっかりと把握し、それらに適した介護を実践していく必要があります。
一方でグループホームは、入居者で家事などを分担して、その人の残存機能を守り病状の悪化や進行を防ぐことを目的としている施設でもあります。
ですから介護は必要ですが、介護士が何もかもをやり過ぎない、時には本人の力に任せそれを見守り、必要な時に必要なことだけ手助けすると言う考え方を重視するのも注意点です。

グループホームで介護士に求められる業務内容の範囲は

グループホームで介護士に求められる業務内容の範囲は グループホームの正式名称は認知症対応型共同生活介護であり、認知症の診断を受けた要介護者が最大でも9名のユニットで介護士の支援を受けながら日常生活を共同で営む施設になります。
運営している事業所によって違いはありますが、認知症状や身体状況に関しては重度から軽度の入居者まで幅広い状況の利用者を支援します。
グループホームの介護士に求められる業務の範囲は施設の性質上多岐にわたります。
排泄や入浴、食事や移動介助は勿論のこと、認知症状を持っている入居者の対応は意思疎通が困難な場合も多く専門的なスキルも求められます。
さらには食事作りや掃除、洗濯などの日常生活動作を共同で行う事で生活リハビリとして日常生活を活性化させる目的もある為に、一般的な家事のスキルや知識も必要になります。
この施設には看護士が配置されない為に、入居者の日常的な健康管理や服薬介助、必要時の医師への情報提供なども介護士の役割になるのです。
介護福祉士の国家資格を取得した上で一定の条件を満たし研修を受ければ、入居者で吸引などの医療行為が必要な場合にその対応を行う事もあります。