介護士からみたグループホームの特色

介護士からみたグループホームの特色 介護士から見たグループホームの特色は施設っぽくなく家庭的な設備になっているということです。
家庭的な設備になっているのには理由があり、認知症の方が混乱することなく自宅と同じように行動できるためにこのようになっています。
キッチンが併設された食堂や個室の洋式トイレ、一人ずつ入れる浴室などはその例です。
認知症の方の中には大きく環境が変わることで大きく混乱し精神的に不安定になることで症状が進行してしまうケースもあります。
家庭的な設備であれば徐々に環境に慣れることができ穏やかな生活が送れるようになります。
グループホームを利用する人は全員認知症のため介護の仕方は普通の施設とは多少異なります。
認知症の方だからといって雑な対応をすることは適切ではなく、認知症の方だからこそ利用者の尊厳を大切にした介護を提供しなければなりません。
介護を提供する際にはその人の出来ることに注目し、出来ることは本人に行なってもらい、出来ないことを介護士がさりげなく支援するようにします。

グループホームとは?働く介護士の特徴とは?

グループホームとは?働く介護士の特徴とは? グループホームとは医師から認知症の診断を受けた介護が必要な高齢者が少人数で家庭生活を職員と共同で行う事業所であり、認知症状を抱えていても家庭的な雰囲気の中で日々の生活が行えるサービスでもあります。
グループホームで働く介護士の特徴としては、まずはやはり認知症状に対するケアの在り方をきちんと学んでいる事が大切になります。
未経験や無資格でそのキャリアをスタートさせることは勿論出来ますが、コミュニケーションを図ることが難しかったり、精神的に不安定な状況になりやすい利用者が多い環境だからこそ、専門的な知識や技術が求められる環境でもあるのです。
それと同時に介護士は入居者とともに掃除や洗濯、買い物や調理など日常生活動作を行っていく事が、日常生活リハビリとしても位置づけられているために、基本的な家事を行えるスキルや認知症の入居者とともに安全に行う事が必要にもなります。
食事や排泄、入浴などの介助は勿論のこと、日常生活動作をどの様な形で行っていくかのスキルが求められるのです。