介護士の楽しさ

介護士の楽しさ グループホームでは介護士が多くの場面で活躍することができます。もちろん、様々な苦労や負担は仕事上つきものではあります。仕事の負担が大きくなるだけではなく、利用者との関係が必ずしもうまくいくわけではありません。
しかしその中でも楽しさを実感出来る場面があります。それは人をみていく仕事であるという事です。日々の生活の中で変わったエピソードは沢山生まれます。認知症の方の発言は時に人を傷つけることもありますが、穏やかな時は素敵なエピソードを語ってくださります。変化の見えない仕事ですが、変化がないわけではありません。そういったささやかな違いを感じる事が出来るようになれば介護士としてのスキルアップも達成できます。
また単純にやりがいのある職種という事も楽しめるポイントです。自分の思い描いた介護ができ、利用者から感謝の言葉をもらう。家族からも頼られる存在になる。これ以上にやりがいが得られる事はないでしょう。介護士としてのやりがいなどを見つけることは難しいですが見つけられれば一生の仕事になる、そのような楽しさがあると思います。

グループホーム勤めの介護士が、うまく喜びを見つけるには

グループホーム勤めの介護士が、うまく喜びを見つけるには グループホームで務める介護士は近年多くなっています。病院以上に介護の専門職として活躍が期待されますのでそれだけ仕事の負担も大きく、ストレスなども抱えがちです。医療施設であれば医療的な側面や生活全般に関しても看護師らに相談する事ができますがホームなどの施設では日々の業務の中心が介護スタッフになりますので、そういった側面で相談することはあっても計画などを立案するのはやはり介護士となります。
そういった意味ではハードではないかと思われるかもしれません。しかし、責任があるからこそ喜びが見つけられます。それはやりがいです。病院であれば介護職が働く場面は確かにありますが、施設によっては補助的なことしかできないこともあります。それは大切なことですが、ホームで働くほうがより多くの方に影響を与える事ができます。もちろんうまくいかない場面もあります。それでも仕事がうまくいったときや利用者の方に感謝されることがあればとてもうれしいことに違いありません。ハードな職種だからこそ、やりがいという喜びを見つけることが大切です。